トレーニング・フォーム論

スポンサーリンク
トレーニング・フォーム論

心肺機能を鍛えるぞ!の巻

前回はわりと親しみを持っていただきやすいであろう話をしましたが、今日はおそらく多くの人が共感しにくいんじゃなかろうかという話をします! 共感してもらえなさそうなのになぜ書くかって? 書きたいからさ!!! 特性を活かして勝機を...
トレーニング・フォーム論

「クロールは最後まで水を押しましょう」がしっくり来ない人への超絶雑図解

クロールでコーチや仲間から「最後まで水を押しましょう!」とよく言われる問題、もしくは人によっては「押し切らずに肘から抜いちゃいましょう」と言われる問題について! 「押し切る」のよくある惜しいパターン4選 そりゃ最後まで押し切...
トレーニング・フォーム論

膝下のしなりを創出して、膝蹴りキックから卒業だ!

キックの話の続き! キックが苦手な人の特徴にもうひとつ、「膝が伸び切らない」というのがあります。いわゆる、膝蹴りキック。これ、「ダウンキックは膝を最後まで伸ばし切りましょう!」と言えば解決するのかというと、そういうことではないと思って...
トレーニング・フォーム論

バタ足が苦手な人は「太鼓叩きキック」になっていないかチェックだ!

唐突に、バタ足のキックの話をします! キックが苦手な人って、がんばろうとすればするほど、太鼓を叩くみたいな、跳ねるようなリズムでのキックをしてることが多いと思ってるんですよね〜。②みたいな! 苦手な人は心当たりがあるので...
トレーニング・フォーム論

ハイエルボーで体幹が活きた泳ぎを実現です

前回はクロールの手の入水位置の話をしましたが、これは今回の話をしたかったがための伏線だったのです! ということで「ハイエルボー」の話。 気づいたきっかけはラットプルダウンでした(実話) 私、クロールは今まで、手...
トレーニング・フォーム論

クロールの入水位置は肩幅が好きです

クロールの手の入水位置について、前回は縦軸的な話をしましたので、今日は横軸的な話をします!! 実演できたら楽だったのですが、せっかくの休日にこのブログのためだけにわざわざ顔を作って髪を整えて服を着替えるのは大変億劫だったので、今回も超絶雑図...
トレーニング・フォーム論

その「浮いている感覚」は、抵抗による誤魔化しではないか?

水泳初心者を脱し、なんとな〜く「水が掴めてる」とか「水に乗れてる」とかが感じられてくると次に陥りがちなのが、「自分の感覚的にはこの泳ぎめっちゃ自分に合ってると思い込んでるけど側から見ると全然理にかなってない泳ぎになってるシリーズ」…! ...
トレーニング・フォーム論

[試行錯誤中]1度の練習を濃密にするために

「クロールはどのように泳げばいいのか」とか「◯◯選手のバタフライの特徴」とか「今日やった練習メニュー紹介」とかの切り出し方はよく見かけますが、「私は練習毎に何を考えているのか」という角度からの文章ってあまり見かけない気がしたので、書いてみた...
トレーニング・フォーム論

「バタ足は腿から大きく」では膝蹴りから脱却できない説を超絶雑図解してみました

バタ足キックを指導するコーチがよく「腿から大きくキックしましょう〜」なんて言ってるけどそれを言われてる人に限って一生懸命に膝蹴りキックしちゃってるのはなんでなんだろうな問題を考察してみました。ご査収ください。 腿を意識...
トレーニング・フォーム論

ロングは大きく、スプリントはコンパクトに

長距離を泳ぐなら、目指すのは「大きく伸びのある泳ぎ」。これは理屈もわかるし、自分としてはクロールでならまあまあ体現もできているように思っているのですけど、逆に短距離だと、どう泳ぐのがいいのかあんまり咀嚼しきれてなくて。速い選手を観察している...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました