ドルフィンキックの最新私見を超絶雑図解です

   

現時点での私見の書き出し。

いちばんよく見るドルフィンキックって、大抵こう。腰を動かすことでキックの幅を作り出すという発想は間違っていないのだけど、その腰が反っていて落ちないせいで、ストリームラインに対して上のほうでばかり蹴ってしまって、水飛沫バシャバシャしたり、お尻がピョコピョコしたりするやつ。腰をパワーのみで振ろうとする男性とか、腰回りが柔らかい女性にありがち。もしくは、アップキックを休憩にしてしまっている人。
(きっと、暇なおじさんこと柿添さんが描きたかった図もこういうことだと理解しているのですが…笑)

3856C247-9722-4A03-B9D1-18968008FBBE



でも、これだと抵抗が多いな!? というのは、それなりに量を泳いできた勘のいい人なら気づくわけで、だからといって「それなら、頭や腰の位置をできるだけ固めよう!」の発想が行きすぎるとこうなるし(大げさだと思うでしょ? 水泳歴長めのマダムや翁は大抵これだからな! これじゃ水生昆虫やぞ!(もしくはBotWリンク))、

AEA067E0-14A9-49A3-AE43-6AA5B4D305AE



「ふむ! 最近流行りの“骨盤を後傾”だな!」を、真髄をよくわからないままやっちゃうと、今度は背中まで丸まって、頭めっちゃ振ってることに気づかなかったり。胸が固い人もこうなっちゃうかな。「うねる」だけを極めすぎた人もこうなる。全体的に筋力なくてボディポジションをキープしていられない人もこうなる。私か!

C2073713-E004-499A-820F-2EDB3D5CEA55



理想としては、ストリームラインに対して上下の振り幅ができるだけ均等で、幅はそこそこに狭いほうが抵抗が減って、頭の位置はなるべく動かないほうがいいんだろうな〜、というのは誰にでもなんとなく想像がつくところだと思うのですけど、

100F56FD-D083-49F7-AE75-0089B166640A

最近自分で思考錯誤してみた結果としては、これの実現のために

・流行りの骨盤後傾はもちろんのこと
・それはつまりドローインし続けているということでもあり
・そうなると胸が多少膨らむ感覚だけど張ってるとか反ってるとかいうわけではなく
・でも胸郭は動かすし
・でも肩甲骨は閉じなくて
・顎が出てたり引きすぎてたりしてもうまくできないし
・頭の位置は動かないんだけど首に力が入っちゃいけないし
・腰は落とすんだけど腰を落とそうとして落とすわけではないし
・腹筋ないとできないし
・水中で腹筋を意識するって結構難しいし
・内転筋やら腹斜筋やらも意外と大切だし
・背中も使えなきゃだし
・キックのリズムやアップとダウンのパワー配分も考えないとだし
・てかアップ・ダウンそのものより切り替え部分が大事だし
・下まで蹴り込めるだけの脚力がそもそもないパターンもあるし
・かといって蹴り込みすぎると腰反っちゃうし背中丸まるし
・膝や足首が柔らかい人は蹴りすぎないようにしないと力すっぽ抜けるだけだし
・とかなんとかやってるうちに肩や手に力入ってきちゃうし

みたいな紆余曲折を経てきたなあ…というのが所感です…_(:3 」∠)_



泳げる人が「ここの向きを整えたら改善できた!」ってすぐなれるのは、元からそれなりの筋力があるし、他の部位との連動性や出力を自然に調整する能力があるからなわけで、「◯◯するだけダイエット」みたいな魔法は、凡人であればあるほどありえないと思っています。そりゃそうだね! じゃあどうすればいいかって? 練習するんだよ!!! …ということで最近は練習のモチベーションが上がりまくりです。研究の! しがいが! ある!

あとはやっぱり教わったほうがいいよ。見えてる動きと実際にやってる動きは違ったりするし!

Sponsored Link

 - トレーニング・フォーム論