ゆりかご面接に行ってきました

水泳のことを書くブログのつもりでスタートしたのに、去年晩夏に妊娠して今後も数年はガシガシ泳ぐの難しいこの状態でブログ書き続けるの、はたしておもしろいのかなー? と、ちょっと心の距離を置いていた瞬間があったのですが、それを言ってしまったら、全国のママさんスイマーから私は一体何を学んできたんだ?? ということになっちまうことに気づいたので、引き続き元気に書き記すことにしました!

速くなることを諦めたわけでもないしね! 長水路の半フリでベスト出す夢を見るくらいにはまだやる気だから! しぶとくやったもん勝ち!

 

さて先日は、市の開催する「ゆりかご面接」なるものに参加してきました!

助産師さん(市によっては保健師さんとかもいるみたい)とサシで、今の体調や産後のことの相談とか、公共サービスの紹介とか、いろいろ話をしてもらえるという機会。
母たちの時代にはそんなものなかったらしく、夫氏が義母に面接のことを報告したら、なにやらやばいことをしでかして保健所に目をつけられでもしたのかと心配されたそうです。笑

妊娠出産について、私はそんなに切羽詰まった質問があるわけじゃなかったけど、講習会形式のものはコロナ対策で縮小・中止されがちのようだったし、なんといっても市みずからこのように「見て、プレゼントがあるよ!!! 素敵だね!!! 来てね!!!」と声を大にしているわけなので、これは釣られないわけにはいくまいなぁ〜!?

 

最初に母子手帳もらったときの袋にも、プレゼントを強調する旨の告知シールが。入念な撒き餌。

 

というわけで、いざ尋常に保健センターへ。

行ってみて…

行ってよかった!
資料どちゃくそもらえた!
これだけでも満足感高い!

 

三鷹は生まれ育った街ではないし、実家は近くないし、夫氏の帰りは確実に遅いし、保育園もやっぱりスルッと入れはしないらしいし、どうしたってワンオペになる時間が少なくない見込みで、それって健康的かつ文化的な最低限の人権を維持したまま生き延びれられるものなのかな? 母業のウエイト重すぎでは?? という漠然とした心配がありましたが、今って一時保育とか出張サービスとかかなり充実してるんですね!
「子育てはがんばらない、頼れるものに頼る! が大事です」と助産師さんが言い切ってくれたのがとても良かったです。そっか、母だからって責任感じてワンオペしなくてもいいのか〜! もとよりそのつもりではあったはずだったけど、他人にはっきり言ってもらえたのは、楽になりました。

困ったときの市の電話サービスも、とにかくいつでも気軽に電話してくれと大プッシュしてもらいました。
「相談内容の大抵が、実はたいしたことではないんだけどお母さんがパニックになってしまっているケース。話しているうちに冷静になって『あ、なんだかもう大丈夫になりました』ってなるものなんですけど、そういうのが家にお母さん1人だけだとなかなか解消されずに積もってしまって迷宮に陥りがちなのが育児のつらいところですのでね」というのは、とっても納得。
育児だけじゃなく、なんでもそうですね。スキルある経験者や指導者を頼るの大事。
実際、妊娠してから何度か市役所や保健センターに電話しているけど、いつでも迅速にあたたかく対応してくれていて、頼りがいを感じています。

仕事で3歳くらいからの子供も担当していることを言ったら、「産まれたてより3歳児のほうがよっぽど大変ですよ! 3歳児とそれだけ触れ合う経験があるなら自信持って大丈夫!」と返されたのも、ほっこりしました。そうだよね〜3歳児のほうが言葉も話せて感情も欲求も複雑になってきて勝手に動けもしちゃうから大変だよね〜。やつらすぐに壁に激突したり道路に飛び出したり「プールサイドの反対側まで自力で行きたかったのに行かせてくれなかった(5mも泳げない)(顔に水は絶対かけたくない)(行きたかったのはさっきであって今ではない)」とかどうにもならないことでギャン泣きするもんね〜。自分の泳力を見てから物を言ってくれな〜。

産後のスポーツ再開についてだけ、「母体健診や産休なんかも産後1ヶ月でだいたい終わりますし、それくらいからなら始めてもいいのでは?」というちょっぴり検討外れのアドバイスだったけど、まあそれは向こうもまさか、目の前の34歳妊婦の趣味が、暮れ正月に通い合宿することだとか、多摩の地から海まで出向いて3kmだか5kmだか泳いでタイムを計測することだとか、モノフィンとかいう3kg程あるくそデカい道具担いで海外遠征することだとかは知りようもないことでしょうから、そのへんは産んだらまた考えます。

あとは、逆流性食道炎で、寝てても吐いて起きてしまってなかなか睡眠が取れないことを伝えたら、「24週でもその状態が続くとなると、おそらく産むまでずっと続きそうですね」とのこと。そんな気はしてたけど、やっぱりそうですよねぇ〜…。まあそれも、薬飲めばなんとかなるから、引き続き病院と相談です。

 

何が解決したということではないけれど、客観的な意見をもらい、漠然とした心配事がすっきりして見えるようになって、気が楽になりました。プレゼントもね、このようにね、しっかり頂戴してね。ね。

やっほおおおいいいいいいいいいいい2万円分の商品券ゲットオオオオオオオッ!!!!!!! しかも有効期限も結構長い!!!!!!!!! 全国の百貨店やスーパーやテーマパーク等で使える!!!!!!!! こいつで服とオモチャを大人買いして動物園と水族館に足繁く通ってやるううううううううッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

★商品券が使える、絶対に行きたいところ★
・鴨川シーワールド
・サンシャイン水族館
・すみだ水族館
・油壺マリンパーク
・新江ノ島水族館
・シーパラダイス
・マザー牧場
・東武動物公園
・サファリパーク
・ピューロランド
※2万円では達成不可能なので追加配布お待ちしてます

 

話をいろいろ総合すると、早産や後遺症の恐れがある場合でもなければ、妊娠出産のことには過敏になりすぎず、しっかり自分の人生を楽しむべしということと受け取りました。ので、面談直後には泳ぎにも行ったし、思いつきでハーフアニバーサリーフェスを開催してみたりもしました。

今日は雪が降ってしまったのでさすがに断念したけど、今月中にもっかいくらいプール行っておこうー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました