水に入って検証をしたいよね


泳げてたときより運動時間は多く取れている最近ですが、ブログにわざわざ書くほどのことがなかなかないんですよね…。
今まで全然、陸でのトレーニングをやってこなかったせいで、何をやるにも「この動作を○秒間続けることに慣れる」「この部位を動かせるようになる」「重力と無駄な喧嘩をしない」くらいのレベル。1行で足りるじゃーん。ブログには、これができるようになったから次に泳ぐときにはこう活かせそう! 的な話を書くのが好きなので、“次に泳ぐとき”が来てくれないと、運動しても張り合いがないんだよなあ〜。

なので、細かい水泳のテクニックだとか水泳に直結するトレーニングだとかの難しい話は一旦置いておいて、動ける身体でいられたらそれでいいかなという着地点に、最近は落ちつきました。たとえば今日もトップ選手がドルフィンキックの打ち方とか各々の感覚のあり方とか語っていて、それらはとても貴重な情報だけれど、ハイレベルなものとは得てしてハイカロリーで、耐性のない一般人が無理に摂取すると胸焼けを起こしてメンがヘラる可能性の方が高いです。私にとって水泳は趣味であり探求なのだから、各々の気持ちが進む方に気ままに突き詰めて、最終的に各々が満足する結果につながるようにやれれば、それでよろしい。もっと言えば、つながらなくたってよろしい。もちろん、つながってくれたほうが良いのは当たり前なので、つながるまで徹底してやり込んで、やり込んだその世界で順位が取れれば十分よろしいですね。

 

 

という言い訳をしつつ、あれだけ嫌がっていた持久走も、かなり継続できるようになりました! 
走るとすぐ膝が痛くなるのは前腿や内転筋が弱いせいだとばかり思って今まで生きてきましたが、それなら前腿ではなく他の部位も効率よく使う走り方を探せばいいことに気づいたのと、別に走ることそのものが目的ではないこと、スイマーは他の競技者に比べて上半身が重いんだからランで無理はそもそも禁物、という話を聞いてから、ずいぶん楽になりました。ダッシュとゆっくりを折り混ぜて真面目にインターバル練にする日もあれば、ほんとにただ散歩しただけの日もあります。記録を取っていない日は散歩Onlyの日です。いずれであっても、「今日も約1時間、重力に耐えて身体を支え続けた」という事実を素直に祝福します。いや実際えらいよね!? 前方からの水圧に耐えて上半身をぶらさず伸ばし続ける腹筋はえらいなあと前から思っていましたが、重力や地面からの衝撃に耐えて上半身をぶらさず持ち上げ続ける腹筋も、相当えらいと思います! 腹筋えらい! あんたが大将! どうだ!?ちょっとは割れてきたか!? いや元から割れてんのはわかってんのよそろそろ姿を見せたらどうですかっての!!!

 

腹筋の割れた姿はいまだに拝めていません。
ん〜〜〜そりゃさあ〜〜〜スイマーで海でも泳ぐ長距離選手だとするとそこまでガリガリに体脂肪を削ってしまったら逆によくないことはわかるけどさあ〜〜〜、「身体の3分の1が体脂肪」はさすがにどうかと思うよねえ〜〜〜?
せめて4分の1を切りたいと願ってるんですけど。持久走も、アプリ入れてのトレーニングも、そのための運動量稼ぎがメインの目的なんですけど。体脂肪とは現在、謎の攻防戦を繰り広げております。一瞬、完全に首を討ち取ったと思ったんだけどなあ。体脂肪まで持久力自慢かよ。

 

あとはね、グッズで釣る作戦です。
これは変化球でありますし球数も多くは出せませんが、非常に良いです。「えっこれめっちゃ良くないですか!? 良いですよね!? はあ〜よき〜尊みが五臓六腑に染み渡るぅ〜」のテンションです。我々陰の者は「zoomやインスタライブでたわいもない話して親交を深めモチベを上げる」なる正攻法だと光が強すぎて消し飛ばされてしまうため、このような偶像崇拝で信仰を深めてモチベを上げるのです。ライオンさんから後光が差しているのは、これが宗教画だからです。もちろん、今作ったテキトーな話です。最近流行りのなんちゃってヴィンテージ調で可愛くできました!

 

反対側はヴィンテージ調ではありません! 筆文字のキャップってなんか部活動っぽいイメージありませんか!? 私はあります!!

 

今日ふとわかったのですけど、私、水圧とか水流とか水音とかの気持ちよさとか、水泳特有の全身の疲労感とかが好きだから泳いでるのも多分にあるなあと思いました。陸じゃ、いくら動いてもそれほど楽しくないや。水に戻れる日が待ち遠しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました