2018フィンスイミング日本選手権、いよいよ開幕。

      2018/05/13

フィンスイミング日本選手権、いよいよ明日5/4より開幕です!

94EB0CBC-72F1-42EB-B096-9B3AE4264BD3


概要

・2018年5月4日(金)〜6日(日)
・横浜国際プールにて
・兼 世界選手権(セルビア)選考会 など
・入場、観戦 無料(撮影は受付で許可書を受け取ってください)

9F0DEBBC-6277-4312-91CE-754D911EF796

F4850A22-15ED-46A9-BBB9-75BD08F064C1

4C99F288-7E85-483C-AD02-F7FF0D357C17



細かいことは要項を見てくれよな!
タイムスケジュールもここに載ってるぞ!
↓↓↓
★ フィンスイミングナビのブログ ー 第30回日本選手権最終案内


出場種目

【DAY 1】
12:00 100mサーフィス
16:07 800mサーフィス

【DAY 2】
12:00 400mサーフィス

【DAY 3】
11:21 1500mサーフィス(男子と合同)


①400mサーフィス

自己ベスト 4’01”46
(2017日本選手権、Ave. 1‘00“37/100m)

去年は突然、レース中に泳ぎながら「300mのラップさえふんばれればガンガンに突っ込んでも意外とイケる!」という天命を授かった、ドSな個人的ダークホース種目。今年も安定の、公開brokenレースになる予定です(100mのベストとほぼ変わらないペースで入って残り300m粘り勝負)。

昨年は3ヶ月で7秒近く縮めるという偉業を達成しましたが、今年ははたして!?
4分切りたい!!! いや切れる!!!!!!


②800mサーフィス

自己ベスト 8’29”05
(2017日本選手権、Ave. 1’03”63/100m)

去年は8年ぶりのロング種目エントリーに大いにチキり、つまらないレースをしてしまった悔いがあります。競泳で最近800mやら1500mやらに挑戦するようになったのはコイツのせいといっても過言ではない。

1年かけて、800mという距離への尻込みは完全になくなりました。去年は気持ちでへこたれて1’05前後かかってしまっていた400〜700mのラップを、今年はどれだけ粘れるかが勝負です! たぶんイケるでしょ!


③1500mサーフィス

自己ベスト 16’22”20
(2009日本選手権、Ave. 1’05.48)

大学4年生以来、9年ぶりのエントリーです!

そこまで練習が積めていなかった去年は出場を見送りましたが、あれから1年、(クロールでだけど)ロング対策を重ね、持久力と気持ちは学生の頃並に戻すことに成功しました(クロールはだけど)。

ま、クロールでできるんなら、フィン履いてもそれなりにできるでしょ! 目標はAve.1’02!


④100mサーフィス

自己ベスト 51”45
(2018ジャパンOP)

あ…、アップです…………。

というのは半分冗談ですが、いつも100mはガラにもなく力みすぎて撃沈しているので、毛ほども標準を合わせてこなかった今回はいっそ、気楽に大きく泳いだら意外とタイム出るんじゃないの説を検証する予定です。本当は早く50秒を切りたいけど、今回は51秒前半が出れば万々歳!


大会全体の見どころ

せっかく会場にお越しになるなら、私のちんたら泳ぎばっかり見ててもおもしろくないので、トップ選手の熱い戦いをぜひご覧になっていってください!!!


1日目の見どころ

決勝は3日間通してどれも見どころですが、1日目であれば混合サーフィスリレーを個人的には推します!

国内では正式レースとして取り入れられてからまだ1年。歴史の浅い種目です。男女の泳順の決まりはないので、順位が上下しやすく、泳いでいる選手本人はもちろん、観客も手に汗握る、ドキドキレースになること間違いなし!

各チームのエース級が出てくるので、有名選手の顔や名前を覚えるのにももってこい!

混合じゃないけど去年の日本選手権の男子4×100mサーフィスリレーを貼っておきます!


2日目の見どころ

うーん、ここはイマージョンかな〜! タンク(酸素ボンベ)を装備して水中を泳ぐ種目で、国内ではタンクに関する法律やらなんやらの規定がどうのこうので実施が何年間か封印されていたものの、いろんな人のご尽力があって今回ついに復活を遂げた、フィンスイミング種目中もっとも高速とされる、あのイマージョンかな〜!

タンクの取り扱いにミスがあると大変な事故にもなりかねない種目なので、運営で若干まごつくところもあるかもしれませんが、飛び込んだらとにかくクッソ速いから見てみて! 潜水競技は見た目が地味なのがもったいないけどスピードがめっちゃヤバい!!!

イマージョンじゃないけど同じ潜水種目のアプニア(タンクなしで50m潜水)を貼っておきます! 15秒で終わっちゃうから息止めて見てね!


3日目の見どころ

ぶっちゃけ全部見どころなんで困ってるんですけどビーフィン種目もオススメしておきたいです!!! クロール+2枚フィン=ビーフィンですから、いちばんわかりやすい種目だと思う!

「CMASビーフィン」は、世界大会の基準をクリアしたフィンを装着する種目。世界大会出場を目論む鬼速いおにいさんおねえさんが出場してきます。競泳の日本選手権とかでも見かけた顔がいるぞ!? という楽しみ方も通ですね!

「Jビーフィン」は、フィンスイミング普及のために国内限定に作られた種目で、フィンは何を使ってもOK、シュノーケルもなくてよし、というフリースタイル。だからこそ、CMASでは使用不可な大きくて硬さのあるフィンを仕込んでギャンギャンにレース展開を荒らす、というドSな楽しみ方もできるのが魅力です!

動画は昨年日本選手権の男子50mCMASビーフィン決勝です!


そのほかの見どころ

例年通りであれば、プロのスポーツMCの方が場内アナウンスを担当し、場内の盛り上がりに華を添えてくださるかと思います!
各種目の簡単なルール説明、注目選手の紹介、世界大会出場のための標準記録突破まであと何秒だとかも(余裕があれば)どんどんしゃべってくれるので、フィンスイミングのことよくわからなくても聞いてりゃだいたいわかる!
それになにより、スタート台の前で、イイ声のおにいさんに名前をコールしてもらえるのは、めっちゃテンション上がる!!!

あとは、競泳の大会のようなFINA承認水着の大々的な販売とかは残念ながらありませんが、モノフィンやシュノーケルなどのフィンスイミング基本キット、フィンケースやアクセサリーなどの小物であれば販売があるかな? CMASの代理店も来るみたいだよ!


今年も全レースが見逃せないぞ〜!

フィンスイマーはだいたいみんな仲良しなので、注目選手がスタート台に立つと、チームの垣根を越えて声援が飛び交いますし、日本記録が出れば全員で喜びます! ルールも、細かい部分はそりゃいろいろあるけど超シンプルに言えば「いちばん速いやつが優勝」なのでわかりやすい! こりゃ見に行くしかないぞ〜!

GWは横浜国際プールに集合です!!!(*´◒`*)

Sponsored Link

 - 大会開催情報