メガロス全店イベント「歴史ウォーク2」に参加してきたよ!

      2016/04/08

メガロス全店イベント「歴史ウォーク2」に参加してきました!
江戸徳川・300年の世を歩くということで、東京を18kmお散歩してきたよ!

歴史ウォーク

「ま~たおまえは20代のクセにジジババしか集まらなさそうなイベントに参加しやがって」とかお思いですか?

うっせ!!!!
5割がオジサマオバサマ
4割が爺様婆様
1割がちびっ子だったよ!!!!!!



いや、格好良く言えば高瀬だって今回の参加理由は「今年度で定年退職する父に新しい趣味を見つけてもらうきっかけ作り」っていうことで父母誘った上での申し込みでしたからね。約40年間、ずっと仕事一筋でやってきた父に、今後の健康のため、コミュニティ作りのため、違う世界も覗いてみてほしいって思ったんだよね。あくまで父母のため。いい娘さんですね。泣ける。



でも20代30代のみんなだって仕事とか見栄とか放り捨ててジジババのようなご隠居生活を今すぐ楽しみたいって、ホントは思ってるでしょ?イエ~イ!高瀬は勝者!!!勝者は高瀬!!!


約1600名が日比谷公園に大集結

もう画面に入りきらなくなるんじゃないかと噂のプリキュアオールスターズも真っ青!約1600名がスタート地点である日比谷公園に大集結しました。

日比谷駅改札から集合場所まで、メガロスのコーチたちが点々と配置されていて「おはようございまーす!」「集合場所はこちらでーす!」「がんばりましょー!」の声掛け合戦。迷子になることなく集合場所に流されゆく民衆。メガロスのコーチはね~みんな挨拶が元気なんだよ~!いつもはコナミで泳いでる母がしきりに「コナミのコーチにも見習ってほしい」と感心していました。

(コナミをdisってごめんやでだけど私もコナミに約10年通ってたお得意サマだからあえて言わせてもらうな、コナミは会員数業界第1位に胡坐をかいてるヒマがあったら社員教育と人員強化したほうがいいよ!受付の子にプールの監視員させるのはマズいって!)



スタート地点で、参加賞のスポーツタオル(目印になるからどこかしらに巻くよう指示される)、VAAMスタンプラリー地図店舗別に作成されたスタッフのコメント入りお守り(こういうことやっちゃうのがメガロスの憎めないところだよね!)が配布されています。

8:40には集合場所に到着、9:00に開会式、みんなで軽く準備運動したあと、9:10出発!と思いきや参加人数が多すぎるせいでスタート直後の信号でさっそく詰まってしまい、後方に追いやられていたド田舎埼玉勢は待機に待機を重ねて9:35頃のスタートとなりました。ヒマすぎて店舗ごとに集合写真とか撮ってたもんね。

まだ桜も蕾のままの曇天の下、約1時間の待機はちょっと寒すぎたね。この時期のアウトドアイベントは服装が難しいです。

歴史ウォーク01
花粉症のせいで腫れぼったい目をしています。おお、かわいそうに。


平将門首塚

皇居を横目に神田のオフィス街をしばらく直進し、まずは平将門の首塚へ!

ホントにオフィス街のど真ん中にあった!



こういう都市伝説も生み出しちゃうくらいイワクつきの場所ですから、厳かな気持ちで参拝しようと思ってたわけ。

【参考】NAVERまとめ「『平将門の首塚』の祟りが怖すぎる

でもそうはいっても記念撮影くらいはしようと思ってたわけ。

塚にiPhoneのカメラを向けた、その瞬間――、



iPhoneの充電、切れる。



いやいやいやいやたしかにちょっと寝坊して充電30%くらいしかなかったけれども!ここで切れるの!?マジで!?

ということで、写真はすべて母の撮影したものを後日いただいております。

歴史ウォーク02

ちなみにiPhoneは、帰宅後に再度試みたところ、普通に電源が入りました。
将門様に怒られるようなことした覚えないけどとりあえず謝ります・・・ごめんね・・・???


ニコライ堂

国の重要文化財でもある、このレンガ造りの建物。
背中をチラ見しただけでしたが、存在感パないかんじでした。

歴史ウォーク03

もうちょっとくらい勉強しとけよと自分でも思う程度には、特にコメントが思い浮かびません。


麟祥院/春日局の墓

お茶の水駅を通過して、麟祥院へ。

ここが第1のチェックポイントだったということもあり、春日局の墓を見るよりコーチたちと「ウェーイwww」とハイタッチすることを楽しんでしまうという失態をやらかしましたが、空気の澄んだ場所でした。春日局が「自分が死んでも黄泉の国から天下を見渡せる墓を作ってくれ」と頼んだという話もなんか頷ける雰囲気。

【参考】東京通になりたい!~文京区本郷 ホテル機山館公式ブログ~「麟祥院~春日局のお墓~

歴史ウォーク04


こんにゃくえんま

ビルのすきまからチラリと覗く後楽園遊園地の観覧車、の麓に鎮座する温泉施設ラクーアに想いををはせながら後楽園駅方面、こんにゃくえんまへ。

写真は撮り忘れたっぽいんですけど、「眼病を患った老婆が願掛けを行ったところ夢に閻魔大王が出てきて『21日間願掛け続けられたら俺の目ん玉ひとつやるよ』と言うもんだから本当にやってやったら本当に右目をくれたから、感謝の気持ちに老婆は好物のこんにゃくを絶ち、供えるようになった」っていう逸話がなんか江戸下町っぽくて和みますよね。眼病治癒の御祈願にどうぞ。

【参考】浄土宗常光山 源覚寺「源覚寺の紹介



ちっちゃいお寺さんで、入り口も一般家庭の駐車スペースによくある黒シャッターで管理してるっぽくて、地元臭パないかんじが好感持てました。こういうイベントのときにはやっぱり事前に「源覚寺さんもコースにぜひ入れたいのですが」「もちろん構いませんが、周辺の方の迷惑にならないよう、お静かにお願いしますね」的な会話がなされてるのかなと思うと、好感度が突き抜けました。


伝通院、浪越徳治郎像

徳川家ゆかりの女性が多く眠るという伝通院、の前方にある浪越徳治郎の像になぜか父母大興奮。

後で調べてみたら確かにすげえ人だったってことはよくわかったんだけど、なんだろね、「あ、テレビで見たことある有名人!」と「ああ、教科書に載ってるあの偉人ね」くらいのテンションの差がありました。だいぶ思い切ってる像だった。

歴史ウォーク05

歴史ウォーク06

【参考】株式会社 浪越指圧アソシエイツ「浪越徳治郎

【参考】伝通院公式サイト


教育の森公園

さらに西に進んで、茗荷谷駅を越え、第2チェックポイントの教育の森公園でお昼休憩。

ちょっと寒かったし桜も咲いてなかったしだけど、外で食べるお弁当は美味しいよね~!!!

鳩にめっちゃ絡まれました。あと、隣のベンチに座ったコーチたちの「僕、異動になる夢見ました・・・」という会話が、タイムリーでおもしろかったです。


小石川植物園

教育の森公園を抜け、小石川植物園へ。

まだちょ~っと早かったかな!!!咲いてたのはモクレンくらいでした。でもけっこう入場者いました。すっごい静かな場所だったので、近場で瞑想したいときはいいかもね。

このあたりは、東大・学芸大の領土なのか、研究施設や付属学校がたくさんあって、個人的におもしろかったです。母はこのあたりの個人宅の相続遺産税の心配をしていました。

小石川植物園も、東大の領土なんですね~!入場料はしっかり取られる。

【参考】
小石川植物園- 東京大学大学院理学系研究科附属植物園 公式サイト


八百屋お七

無知でごめんね、でもさ、なんで八百屋お七ってこんなに愛されてるっつーか、祭られてるの???

たしかに、齢16のあどけない少女が、想い人に再会したいばかりに江戸を火の海にしたっていうエピソードは、あまりに純粋で狂気に満ちていて江戸の人々が好みそうな話だと思うけれど、そんな大層に供養されるべき対象だったの?

同人誌の世界以外の色恋沙汰にはあまり関心がない高瀬のクソオタクっぷりが露呈された一幕でした。

歴史ウォーク07

歴史ウォーク08


光源寺の大観音

奈良の長谷寺のものを模して造られたっていうあたりでもう崇めるべきなのか笑うべきなのかわかんなくなっちゃったんですけど、

十一面観音って、すげえな!?

11個目の顔はソコなんだ!?っていうのがいちばんショックでした。

例によって写真がないのですが、こちらの訪問記がとてもわかりやすい雰囲気で伝えてくださってますので、ご参考にどうぞ。


夏目漱石の旧居跡

ここ母写真撮ってたよねえ!?
なんでデータに残ってないの!?
私めっちゃポーズ決めてましたよねえ!?!?

「吾輩は猫である」の舞台となったこの地。塀の上に、にゃんこの銅像がいるんですよ。にゃんこ好きにはたまりません!私ももれなく戯れてきました。銅像と。

【参考】じゃらん「夏目漱石旧居跡(猫の家)


根津神社

こんなにでっかい神社だったとは知らなかった~!

参拝にはしゃぐ高瀬の様子をご観察ください。

歴史ウォーク09

歴史ウォーク10

歴史ウォーク11

謎のふわふわロリータ系女子2名(ずっと手を繋いでた)と、イカニモ~なカメラ構えたお兄さんとが、目の前をずっと歩いてて、たぶん女子はもっと不思議ちゃんな雰囲気を出したかったみたいだったんですけどお兄さんがミスリードを連発するおかげで女子の口調が「は?」「やめて」「うっさい」などと完全に素になってしまっていて、東京にはいろんな人がいるんだなあとしみじみ思いました。


谷中銀座

うっひょ~~~い!!!!!

谷中銀座に来たらコレでしょ!!!!!

【参考】やなかのしっぽや 公式サイト

【参考】いぬのきもち ねこのきもち WEB MAGAZINE「おいしいしっぽ、揃ってます【突撃!うわさのいぬモン・ねこモン】



レンジで30秒くらい、ちょっとだけあっためて食べると、とってもおいしいよ!!!


徳川慶喜の墓

しっぽを4つ買ったら、日暮里駅を左に見ながら、谷中霊園へ。

谷中霊園のど真ん中を切り分けていくコース取りでして、個人的にはとても興奮しました。墓地ってロマンあるよね?

多磨霊園や青山霊園より立派だったよ!雑草ボーボーの場所なんてひとつもなくてすべて手入れが行き届いていて、ひとつひとつのお墓の敷地も広くて、由緒ある方々が眠ってるんだろうなっていう威厳を感じさせるつくりになってました。桜が咲いたらキレイなんだろうな~。墓地ってロマンあるよね!

ここまで来ると、他の観光客ともごちゃまぜに。途中で道案内の方を見失ってコースを大幅に外れるという失態もやらかしました。まあそれはそれで醍醐味だよね。


ゴール:上野公園噴水広場

ゴールだよ~!!!!!

歴史ウォーク12



18kmは意外とあっという間でした!みんなでぞろぞろ歩いたからっていうのも大きいんでしょうけど、翌日も筋肉痛にはならなかったし!

防寒の面だけちょっと対策が足りませんでしたが、ちびっ子でも完歩してたし、気負わず参加できるイベントです!

「完歩記念のプレゼントです~!」と配っていたものをご機嫌で受け取ったらなんと日々のトレーニング記録が書き残せる便利なノートが!これは!活用!するっきゃない!

歴史ウォーク13

歴史ウォーク14

抜かりないよね~



抜かりないと言えば、このイベントは各店舗のコーチたちも一緒に歩いてるんですけど、メガロスのコーチたちってほんと、いい感じに人懐っこくて(最大の推しポイント)、どんどん参加者に話しかけてくれるんですよ。

で、おしゃべりに花が咲いている母娘からは少し離れて歩く父も、例に漏れず話しかけられまくってたんですけど、60代男性がポツンと歩いてたらそっと寄り添いに行くその姿勢、いいよね!

信号で合流するたびに、父が「今話してた子(コーチ)は、今はバイトで、この春から社員の子らしい、がんばってほしい」とか「生まれは兵庫らしい、大変だ」とか報告してくれるのですが、おいおい~ほほえましいかよ~!!!(=´▽`=)



で、それを見た母(趣味もない引退後の父が家から一歩も出ずずっとリビングに居座って延々とTV鑑賞し続ける世界線を大変恐れている)が私にこう耳打ちしてくる流れ。

「いい感触だね!このまま、どこかフィットネスクラブに入りたいって言ってくれれば大成功だね!メガロスだと最寄り駅にはないから近場で相模大野か大和だな~、ま、車で行ってくればいいよね!車ならそのまま遠出もできるしね!どっか行ってくればいいよね!」



メガロス歴史ウォークは、ひとつの家庭の平和をも守るかもしれない可能性を秘めていたのです。



ということで、当初の目的である父の趣味作りも半歩くらい成功した様子でした!
次はもっとあったかくなたらお花見ウォーキングしたいな~!!!

Sponsored Link

 - 旅行とか日常 , , , , , , , ,