調子が悪いのは疲労でも過労でもなく「なまり」が原因?日々の練習の大切さを再確認しよう

      2016/04/08

オリンピック選考会を兼ねた日本選手権が辰巳で始まっていますね!私は、出場選手のタイムや泳ぎを語れるほど彼らのことを知っているわけではないので、ただただ応援するばかりです・・・がんばれ〜

代わりに、自分への喝入れの意味も込めて、今日は「『鈍り(なまり)』の原因と対処法」について!



「風邪をひいて1週間休んでたら、体が思うように動かない!」

「仕事が忙しくて半月くらい泳いでなかったから、なまってるな〜」

こういう感触、仕事に家事に忙しいマスターズスイマーだとよくあることですよね。ていうかもはやそれが日常なところがありますよね!笑

私も、先月までは「腕に力が全然入らない・・・スカスカする・・・」と感じていて、でもちょっぴりチューブトレーニングを取り入れるようにしたらあっけなく改善されたもんで余裕こいて4月頭は花見だ帰省だと興じていたら今度は「腕の動きに足がついてこない・・・」となったのが昨日のこと。課題があるっていうのはね、ありがたいことだよね。進化する自分にまた会えるってことだからね。ゾクゾクしちゃうよね。



。・゚゚(ノД`)ふああああああん


なまりの原因は「運動不足」

ア タ リ マ エ !

「最近忙しくて泳げてないけど、仕事でかなり歩き回ってて体は動かしてるから、筋力は衰えてないはず♪」は妄想!水中と陸上での筋肉の使い方が全然違うことは水泳やってる人なら世界共通認識!!!


なまりの解消法

筋トレするなり泳ぎこむなりしてがんばって取り戻そうな!

個人的な感触としては、水泳は、3日もサボればすぐにマイナス地点だぞ!「元通り」ではない!「マイナス地点」だ!!!

「筋肉が理想通りに動くための刺激が足りていない」「血管が縮小してしまっていて血の巡りが悪化している」がなまりの正体だから、いつもよりちょっと負荷をかけて無理矢理にでも体を目覚めさせることが大事だぞ!!!


こんな症状は全部「なまり」

ここがいちばん言いたかったところです。

毎日泳ぐか寝るかしかしていなかった学生時代ならいざ知らず、大人になってから再開したマスターズ水泳だと、ちょっと調子が悪いとすぐ「疲れてるから」「歳を取ったから」を言い訳にしてしまいます。



まあ、その気持ちはわかります。



それも理由のひとつであることに間違いはありません。



が、それ以前に、適切な練習を適切な頻度でできていれば、変な疲れも溜まってないはずだし歳とか関係ないはずだから、せっかく「コーチにやらされてる練習」から卒業できる大人の趣味の水泳なんだし、見苦しい言い訳はやめような!(鏡に向かって言い聞かせる)

水に入った瞬間にこんな感触を抱いたら、毎日3〜4時間×朝夕2回とかの鬼の練習量をこなしているトップ選手でもない限り、それはだいたい全部なまり!

・腕に力が入らない
・キックに力が入らない
・なんかスカスカする
・けのびでうまく潜れない
・上半身と下半身のタイミングが合わない
・タイムが目を覆う残念さ
・そのくせいつもより疲れる



どうせ昨日は「この前の練習はめっちゃがんばったし、今日くらいゆっくりしよ〜♪」と思ってトレーニング的なことはなんにもしなかったんだろ!?自業自得!粛々と練習して体を戻していこうな!(鏡に向かって言い聞かせる)

Sponsored Link

 - トレーニング・フォーム論