ワールドカップマスターズ2018に出場してきました〜個人編〜

      2018/07/02

フィンスイミングワールドカップマスターズ パルマ大会
CMAS MASTER‘S FINSWIMMING WORLD CUP 2018

6/9-10、スペインはマヨルカ島でレースしてきました!

1A7A8296-BDA3-462B-91EA-994E8D2796AD



フィンスイミングのマスターズは、29歳以上が対象。29歳だった昨年は開催場所の治安が良くなく、日本チームは参加を見送っていたので、私は今年が初の参加でした! V0からV5までの5つの年齢区分に分かれて、1日目はプール競技、2日目は舞台を海に移しての実施です。今回は世界中から15ヶ国、日本からは約30名が参戦!


RESULTS

◆ DAY 1

50mサーフィス 1位
23.84 (BEST-0.30)

200mサーフィス 1位
1:54.95 (25.53, 53.99、BEST+1.83)

100mサーフィス 2位
53.83 (25.70、BEST+2.38)

4×100mサーフィスリレー 1位
1泳 (25.44, 53.04、BEST+1.59)



◆ DAY 2

OWS3kmモノフィン 2位



すべての出場種目でメダルを獲得できましたので、目標の最低ラインはクリアです。

FE472A0E-302F-4532-97B5-18ADBBCF10B7



この大会の全体のリザルトは、こちらで紹介されています↓↓
★フィンスイミングナビのブログ|マスターズワールドカップの総合結果


プール競技の振り返り

レース1本目、50mサーフィス。
感覚としては無理なくいつもどおり泳げて、予定通りの1位獲得、ベストタイム更新! 招集所で自分たちの出番を待つ男子選手達と軽やかなハイタッチを交わし、「金メダリストと握手しちゃった〜!」などの冗談を言い合いながら気分良く終了。

約1時間後、2本目、200mサーフィス。
前半のラップも予定通り、50m25秒、100m53秒。
あとは後半100mを3秒落としで抑えて56秒あたりで戻ってくれば、トータル1分48秒、小数点以下で誤差があっても1分50秒は手堅く切って、これもベストを更新する算段でした。



が!

まさかの後半100mでの7秒落ち、60秒96…



絶句…………!



運に助けられ、かろうじて200mでも金メダルをゲットするものの、ここでパワーを使い果たしてしまっていました。

B05F8336-69C4-41B9-81F8-20208B2A73DF
▲「絶句…!」とか言っているわりには金メダルをふたつ下げてご機嫌な高瀬。



表彰式と昼休みを挟んだ後半戦、100mサーフィスを個人とリレーで2回。
個人では200mの前半から0.1秒しか上げられず53秒台で2位、リレーではメンバーからチャンスをいただいて1泳で飛び込んだものの、魔の53秒台から抜け出すことは叶わず。

まあ、そうね…
そういや最近、練習でも53秒しか出てなかったからね…

練習通りのことしか本番でもできない「安定感」が、こんな形で出ることになるとは。



好記録を叩き出さなくとも、ベストタイでさえ泳いでいれば、プール競技はすべて金メダルが取れていたはずでした。今回の大会では、エントリー種目が50m・100m・200m・3kmと距離に幅がありすぎて、それぞれの対策が半端になったことが原因です。レースから2週間経った今でも悔しいなーーーー!!!!!!



80BEDC62-016A-46FE-9D14-406A3A220CD1

とにかく他国の選手が揃いも揃ってみんなデカくて笑いました。


OWSの振り返り

気を取り直して、2日目はOWS!

コースはわかりやすい、4つのブイを四角形に配置×2周!

天気は雨女にふさわしい、今にも降り出しそうな曇り空(雷の予報あり)!

チームメイトに一言求められ「がんばります!」と言った途端に大粒の雨!

ビーフィンが先にスタートなので、コース取りも予想が立てやすい!

これは絶好調の予感だぜ〜!!!

74969012-436D-414D-8E91-66A2B5ACC280



予定時刻通りにモノフィン女子スタート。

とびきり速い選手が2名ほど飛び出していった以外は、最初の直線は混戦。以降は、ブイをひとつ越えるたびに、周りの選手が順位を落としている感触あり。私の伸ばした指先にピンク色のモノフィンをガンガン当ててきているこの目の前の選手が同区分のようだったので、こいつを後半で粘り抜きしようと画策しながら、2周目2ブイへ。

と!
ここで!

突如、緩んでくるゴーグル!
塩水でやられる両目!
霞む風景!
揺らぐ世界!
リフレクションする脳内!

おいおい、この展開は去年の湘南でもうやってるやつだぞ〜〜〜!!!



コースアウトして大幅ロスをくらうほうがもったいないので、ひっくり返って空を仰いで、ゴーグルをパタパタすること3回。気づけば、ピンク色のモノフィンは遥か彼方。1周目よりラップを5分落として、ゴールのロープに突っ込みながら終了。なんてこった。



なんで去年のうちに、ゴーグル、買い換えなかったんだろうな…

結果にこだわるならm道具にもこだわるべきだったな…

OWS翌日、海仲間の皆さんが、Facebook上でこぞってオススメOWS用ゴーグルを紹介してくれて、さらには7月の大会で会う時にはいろいろ試着用を持ってきていただけることになりました。神は日本におわした…

BEA494F8-A157-40A6-A66A-144E2B7908A0
▲しょんぼり風味の高瀬。


そうこなくちゃね

そもそもが、まだまだやれることがある状態で臨んだ本大会。身体の大きさの差もあり、練習環境の差もあり、(ヨーロッパではフィンスイミングはもっとメジャーなスポーツみたいです)、運次第では元・正代表選手とかち合うこともあるわけで、これで私が全部金メダルでは、拍子抜けというところです。

リベンジに燃えています!!!

夫氏の異動が出たため帰国直後に徹夜で引っ越ししたダメージがまだ残っていて死にそうですが、そろそろ再始動していく予定です!!! 東京は三鷹市民になったのでステキなプール情報お待ちしてまーす(*´◒`*)



次回は競技以外のことを書きまーす!

Sponsored Link

 - 大会出場記録