プロテインを導入しました

   

ということで、プロテインです。

IMG_9204


そうだ、プロテイン、飲もう。

プロテインの選び方とか効能とかは他のブログのほうが1億倍詳しく紹介されていますので、ここでは、私がプロテインを購入するに至った経緯を書きます。ちなみに今、飲み始めてまだ2日目で、効果が出たかどうかなんてさっぱりわかりませんので、その辺も期待なさらないでくださいね。でもたぶん、仮定とか理屈とかは、なんとな〜く合ってると思います。


単純に、筋肉が付いてくれない

2年ほど前、うちに体組成計が来てから、筋肉量も定期的にチェックしてきましたが、その数値は2年間、微動だにしませんでした。

それさ、おかしくね???
普通に考えてさ〜

【2年前まで】
・終電帰りのオンパレードの正社員時代(座り仕事メイン)、運動する余裕ゼロ、太っていく一方

だったのが、

【最近1年ほど】
・バイト×週5
(立ち仕事、店内移動は小走りが基本の上、品出しも掃除も全部やるので、だいたい毎日汗だく)

・競泳orフィンスイミング60〜120分×週3〜5
(「有酸素運動で脂肪を燃やそう♪」的なフワフワなやつではなく、所属プールで開催されてるもののうちもっとも強度が高い競技用レッスンで、だいたい先頭で、ときどき物足りなくて勝手に制限タイムつけたり呼吸制限つけたりしてるやつ)

・陸トレ30分×毎日
(最近ようやく続くようになりました)

って変わってきてんのに、それでも筋肉量が微動だにしないなんて、おかしくね???

体組成計がおかしいのかな? TANITAの陰謀かな? 旦那の職場で拾った中古品だしなあ??? と疑った時期もありましたが、体脂肪率や新陳代謝とかの数値は変化したからなあ。本当に増えてないんだろうなあ筋肉量。


そもそものスピードが出なきゃ、持ち前の持久力も活きてこないのに

たしかに、身体とは慣れてしまうものです。しかも水泳は幼少期からずっとやってきているスポーツ、しかも私はディスタンス選手、泳ぐ量や強度を多少増やしたところで筋肉は省エネモードに振り切ったまま動いてくれません。これがね、まだね、スプリント選手ならね、筋肉が大きいから消費エネルギーも激しいし、もっと筋肉を大きくして爆発力をつけようって筋肉自体が思ってくれるんでしょうけどね。ディスタンスだと「昨日より楽に長く泳げれば、それでよくね〜?」ってなっちゃうんですよね〜たぶんね。

よくねえんだよ!!!

こっちは困ってんの!!!

どんなに持久力があって、どんなに延々と泳ぎ続けられても、最初の50mのタイムが遅かったら、どうにもならんわけです。高校生のときまでは目をつぶってきましたが、大学生になって真剣にディスタンス種目に取り組むようになってからは、ときどき発作のように瞬発系のトレーニングとかなんだとかやってみましたが、まあ〜〜〜成果が出ない。そして続かない。脚も腕もちっとも太くならん。これが非スポーツ女子ならモテポイントなのかもしませんが、大会会場で他のフィンスイマーと並んだときの気持ちを考えてみてもごらんよ。私は悲しい。ちなみに肩幅は妹の方が広いし、胴体に対する腕の長さの比率は弟の方が長いです。私は悲しい。「発作のように」だからダメなんだという意見は一理ありますが今回は無視します。


食べる量も増やしたのに

運動量を増やしたところで、筋肉の増量・修復のための栄養素が足りなければ、筋肉は増えないわけで。むしろ、栄養素が足りない場合は、今ある筋肉を分解してまわされるとかなんとかなわけで。そんな、理不尽な。筋肉を増やしたくて運動してんのに、その結果、筋肉が削られるなんて。理不尽阻止のために1月は食費が例月の1.5倍かかる程度には肉と魚に課金しました(※体験者の感覚によるものであり、実際の数値とは異なる可能性があります(まだ計算してみてない))が、やはり筋肉がついたかんじはせず。


むしろ筋肉のリカバリー(回復)すら間に合わなくなってきた感すらある

どういうことだよ…

ちなみに、食事量が増えましたが体重も体脂肪率も変わっていないので、食べた分はマルッと完全に運動で消費されているようです。なんでだよ!!! 消えるなよ!!! 付けよ!!!


トレーニングのしかたが悪いんじゃない? とか思うじゃん?

速筋をつけたいならさ! マシンでの筋トレも、軽いのを何回もやるんじゃなくて、重たいのを一発だけフン! って上げるとか、素早く10回だけ! とかやればいいんだよ!

うんうん!!!
知ってる!!!
知ってるよ!!!!!
わかってんだよそんなの!!!!!

やってるけども一向に、おもりの目盛りが上げらんねぇんだよ!!!!!

どのマシンも大抵、40〜50kgくらいのところから、微動だにしなくなります。目盛りをひとつ上げると、もう、ウンともスンともです。

「1秒でいいから100%の力を込める」っていうシンプルな動作にも、才能の差ってあるんだな〜、って思います。


これ以上食べるのは経済的にも持病的にもしんどいし

持病の萎縮性胃炎とかいうこいつ、過分泌され続けた胃液のせいで胃の壁が硬くなってしまい伸縮できないというやつで、食べたものの消化率・栄養の吸収率が落ちている的なかんじらしくて、食べる量はこれ以上増やすとたぶん胃以下が死にます。胃痛か下痢かめまいで死にます。ていうか食う量を増やしたところで吸収できていない感があります。


だから、プロテインです。

吸収しやすい状態で商品化されているので、私のような貧弱な胃腸にもやさしい! 食事もトレーニングだと気張って肉を食いすぎて胃もたれ起こして夫の布団を奪って丸めて背中に敷いて即席ファーラー位(※)作ってウンウン言いながら寝る、なんてことも減る! 体内に吸収してくれさえすれば、あとは正しいトレーニングをするのみ! (※「ファーラー位」とは)

ていうか先に足の筋肉を損傷してる感ハンパないから血中のタンパク質たちは先にそちらの修復作業に当たってくれ! 身体全体の補強はそれからだ!



ま、本当は、そこそこ高価な買い物をする何かしらの理由が欲しかっただけで、どこかのブログで読んだ「目的地に到着するために、どの車種がいいかは、さして問題ではない。まずはとにかく車に乗れ。車種がどうであっても目的地に到着する時間はそこまで大きくは変わらないが、車に乗らなかったら膨大な時間がかかることだけは事実だ。プロテインを飲むとは、そういうこと」的な表現にめちゃくちゃ納得し、急に「プロテインを飲む」が現実味を帯びてきた、というのが真相です。


ちなみに、味は「不味くはないけど、美味くもない」でした

ちなみに、今回購入したのは『SAVAS タイプ2 スピード』ですが、これを選んだ理由はそんなにたいしたものではなく、

・私の中で200m〜800mは全部パワー持久系である
(持久系はOWS3km以上)

・著書をよく拝読している森拓郎さんが販売しているプロテインもホエイ&ソイだった

・新松戸時代にはザバスのジムにお世話になっていたから

です。

薬でもエナジードリンクでもないので即効性はないでしょうから、ちんたら続けていく予定です。ひと袋飲みきったあたりで、何かしら気づいたことがありましたらまたレポートします。

Sponsored Link

 - トレーニング・フォーム論